発毛促進の出口はこちら
これでダメなら潔く生きていきましょう。世界で認められた発毛技術がウリ。

これでダメなら潔く生きていきましょう。世界で認められた発毛技術がウリ。

M-1育毛ミスト


豊さんのCMにやられちゃいますよね。一度は試したくなる安定の医薬品。

豊さんのCMにやられちゃいますよね。一度は試したくなる安定の医薬品。

リアップ


安価で試しやすい。けど効いている感の爽快感しか満足できませんでした。

安価で試しやすい。けど効いている感の爽快感しか満足できませんでした。

サクセス


特典のサプリに釣られちゃいました。けっこう長くつかったんですけどね。

特典のサプリに釣られちゃいました。けっこう長くつかったんですけどね。

ブブカ


 
トップページ > 発毛・育毛ニュース > 「PRESIDENT」にM-1が掲載されているのを見つけた!

ミトコンドリアで髪が生えた

かれこれ5年くらい前から教科書替わりに読んでいる
「プレジデント」でM-1育毛ミストの掲載を見つけた!

びっくり仰天!ミトコンドリアで髪が生えた

突然だが、ものすごいニュースをみかけて驚いたので、お知らせしたいと思う。
たまたま、コンビニでかれこれ5年くらい前から教科書替わりに読んでいる「プレジデント」を見つけた。
「プレジデント」の説明は省かせていただく。なぜかというと、有名すぎる本だから知っている人の方が多いと思うからである。 別に偉ぶっているつもりはないが、興味があれば、かなり役に立つ情報が満載だから一度は読んでおくと良いだろう。
ネタバレになってしまうが、
2016年2月8日発行「プレジデント」に
M-1育毛ミストが掲載されていて
驚いた。
「プレジデント」に載るなんて、すごいことだと思う。 思わず、いつもは立ち読みするのだが、じっくり読みたくてつい購入してしまった。「プレジデント」にはこういうふうに載っていた。


びっくり仰天!ミトコンドリアで髪が生えた


このタイトルだけでも効果が期待できそうである。
しかし、“ミトコンドリア”とはなんだ?と疑問に思うことだろう。
最近はユーグレナなどの影響もあり、本サイトのニュース(発毛エネルギーの素?毛根に潜むミトコンドリア)でもお話しさせて頂いているので、 “身体にとても良い”ということ、“発毛にとっても大切な要素”であることを知っている人は少なくないはず…。
今回は、そのミトコンドリアが発毛とどのように関係するのかということも含め、M-1育毛ミストの開発者のひとりであるサラヴィオ中央研究所の所長 加世田国与士博士が分かりやすく、説明してくれている。


では、早速、内容に移る。


特に「中年」と呼ばれる男性にとって、薄毛の悩みは深刻であろう。育毛剤を使ったり、「毛が生える」と謳ったシャンプーを買ってみたり、すがる思いで対策をとっている人も少なくないだろう。
しかし、朗報がある。別府の温泉を研究してきたサラヴィオ中央研究所が、発毛・育毛を可能にしたそうだ。


別府(別府温泉)は、古くから湯治として親しまれ、世界一の湧出量を誇る温泉地だそうだ。そこに社を構えるサラヴィオ中央研究所の研究チームは、『温泉に入るとなぜ体が楽になるのか?』という素朴な疑問から研究をスタートさせ、温泉に潜む新種の『藻』と『温泉酵母』の存在を突き止めたそうだ。その研究を進めるうちに、偶然発毛との関係を発見したのだそうだ。 「その温泉酵母からつくり出したM-1育毛ミストを塗布すると、頭皮のミトコンドリアが活性化され、毛が生える」と加世田博士は語っている。


重要だから二度言う“温泉酵母からつくり出したM-1育毛ミストを塗布すると、頭皮のミトコンドリアが活性化され、毛が生える”
研究・開発者が言っているのだから事実だろう。まさに薄毛に悩み苦しむ人にとっては嬉しいニュースである。


何ともびっくり仰天な話であるが、発毛・育毛のメカニズムについて、加世田博士はこのように説明している。


「ミトコンドリアは、細胞内の構造物の一つ。細胞の中でエネルギーを生産しています。といっても、解明されていない謎も多く、毛根にある『毛乳頭細胞』内のミトコンドリアが関係する発毛調整機構を私たちは発見しました。」


つまり、休眠状態の毛根を起こし、毛を生やすシステムを確立したということだ。


今まで、髪を生やすために司令塔の役割をもっている毛乳頭細胞内のミトコンドリアが発毛にどう関与するのか明らかにしたところはあっただろうか、否ないと思う。頭皮細胞内でどのような仕組で発毛がされているのか、全てでないにしろ、一つ明らかになったということはすごいことだと考える。


休眠状態の毛根を「起こす」システムとは?

「休眠状態とはどういうことか。そもそも毛には「ヘアサイクル」という成長過程がある。一度毛が生えてくると、毛が伸びる「成長期」(二~五年)、毛根が退化し、毛の成長が弱まる「退行期」(約二週間)、毛が抜け落ちて毛根
の成長が止まる「休止期」(約3ヵ月)という三つの時期を経て、同じ毛根からまた新しい毛が生える「成長期」を迎える。この繰り返しは人類共通である。それなのに毛が薄くなるのは、毛の成長が休止期で止まってしまい、毛根が休眠状態になるからだ」そうだ。


「休眠状態の毛根から毛を生やすためのカギは、大きく二つ。
一つめは、先ほどお伝えしたミトコンドリアの活性化だ。毛乳頭細胞はヘアサイクルの司令塔的存在なのですが、M-1を塗布すると、『発毛エネルギー』が40%増加した」そうだ。


「もう一つは、『繊毛(せんもう)』という『発毛シグナル』を送受信する器官の伸長だ。これも、培養細胞で加世田博士率いるM-1育毛ミスト研究開発チームが世界で初めて可視化に成功し、解明した事実だそうだが、繊毛の伸びは毛の伸びと直結するのである。M-1を添加した繊毛は1.6倍に伸び、同時に、繊毛から発信されるシグナルも300%に増加した」そうだ。


何やらすごい数字が目白押しだが、つまりは発毛に関するエネルギーもシグナルも強くなり、活動が活発になるということだ。これだけアプローチされれば、眠っている毛根も叩き起こされることだろう。

M-1効果実証

また、過剰な抜け毛を減らすことも薄毛対策の一つである。必要以上に毛が抜ければ、休止期の毛根が増え、やはり髪が薄くなるからだ。M-1は、この点でも優秀だという。

悪玉ホルモンによって生成される『TGF-β』等の脱毛に関わるシグナルを最高70%減少させます。つまり、抜け毛の原因もできる限り取り除くことができる」そうだ。


とはいえ、すべての薄毛の悩みにこたえるものではないようだ。
加世田博士は次のように付け加えている。

「そもそも髪の毛の本数(毛根の数)は生まれた時点で決まっており、およそ、10万本。そのため、生まれつき髪の量が少ない人は難しいかもしれません。薄毛を放置したり、不適切な処置で毛根が死んでしまった人も同様です。
しかし、ヘアサイクルの乱れが原因で新しい毛が生えてこない『男性型脱毛症(AGA)』や『女性型脱毛症』なら、期待してください


その自信の源は、左の写真だ。これは、ある男性が一定期間M-1を塗布した結果。見ると、明らかに髪がふさふさになっている。「ヘアサイクル」によって、結果が出るまでの期間には個人差があるというが、これは期待できそうだ。
M-1は果たして薄毛に悩む人々の光明となるのか。


 

プレジデントyahooニュース

と、記載されていたのだ。
私も実感した身だから、ぜひ、薄毛に悩んでいるなら購入して実感してもらいたいと思う。
それにしても「プレジデント」載るなんてスゴイ!!


早速、購入しているM-1をたっぷりと付けて、寝る前にスマフォで色々チェックしていたら、なんとYahoo!ニュースにも載っていて2度びっくりした。
思わず、スクリーンショットで画像を保存してしまった。(右写真参照)


M-1育毛ミストの詳細はこちら

 
最終更新日