発毛促進の出口はこちら
これでダメなら潔く生きていきましょう。世界で認められた発毛技術がウリ。

これでダメなら潔く生きていきましょう。世界で認められた発毛技術がウリ。

M-1育毛ミスト


豊さんのCMにやられちゃいますよね。一度は試したくなる安定の医薬品。

豊さんのCMにやられちゃいますよね。一度は試したくなる安定の医薬品。

リアップ


安価で試しやすい。けど効いている感の爽快感しか満足できませんでした。

安価で試しやすい。けど効いている感の爽快感しか満足できませんでした。

サクセス


特典のサプリに釣られちゃいました。けっこう長くつかったんですけどね。

特典のサプリに釣られちゃいました。けっこう長くつかったんですけどね。

ブブカ


 

M-1育毛ミストで発毛因子FGF-10が3倍に増加!

M-1で発毛因子FGF-10が3倍に増加!


M-1育毛ミスト

昨今、発毛・育毛を促す最新技術がゾクゾクと発表されていますが、発毛・育毛の世界でも、いまや日本は世界トップレベルの研究と技術の宝庫です。
そのひとつが、今回また、あのサラヴィオ化粧品から新たな発表がありました。それは「M-1育毛ミストで発毛因子FGF-10が3倍に増加することが判明した」という研究成果だ。


 

■FGF-10とは

FGF-10とは、「1996年発見された上皮細胞の成長を促進する細胞因子」です。また、208個のアミノ酸から形成されたアルカリ性蛋白質で、新しい細胞を生産します。 毛髪について言えば、毛乳頭細胞から出される「ケラチノサイト(毛母細胞=毛髪のもと)増殖因子」で、発毛促進の効果があると言われています。

難しい専門用語が並んでいますが、下の図が分かりやすいです。


M-1 で発毛因子FGF-10 が3 倍に増加!

図の中で、毛母細胞にくっついている「Y字」や「U字」など、いろいろな形のレセプター(情報を受け取る入口)にはまり込んでいる小さいピンク玉で描かれているものが、FGF-10です。サイトカインといい、特定の細胞に情報伝達をしています。
ところで、髪は、頭皮で「発毛しろ」というシグナル(命令)が出て、その情報を受け取ることで生えます。FGF-10は、その情報を運ぶ具体的な物質なのです。


毛乳頭細胞 発毛シグナル FGF-10
 

FGF-10は、頭皮が本来持っている「髪を生やす力」を呼び起こす物質、と言えるわけです。この物質(FGF-10)の数が増えれば当然、発毛する毛穴の数も、確率的に増えますね。
FGF-10は1996年に発見されましたが、その後20年を経ずして、具体的な商品でその効果(増殖作用)が実証されたとは、驚くべきことです。

サラヴィオ化粧品は、この「毛母細胞増殖因子(FGF-10)」が3倍も増えることを、実際の商品「M-1育毛ミスト」を使って証明しました。多くの化粧品・育毛剤などの効果実験では、ひとつの成分を取出し検査するのに対し、M-1は商品そのもので実験し成果を出しています。消費者にとって、非常に説得力を感じますね。

毛乳頭細胞にM-1を添加すると、FGF-10が3倍に増える!
(写真左:M-1なし)核が残っているのは、ターンオーバーが異常である。
(写真右:M-1を添加)核が残っておらず、正常なターンオーバー。

実はこれまでも、M-1によって毛乳頭細胞の繊毛が伸びることは実証済みでした。今回はじめて、その効果を担っている具体的な物質(FGF-10)の増殖が確認されたのです。まさに「目に見える形で実証する」姿勢は、 「毛乳頭細胞の繊毛の可視化」に世界で初めて成功したサラヴィオ化粧品らしい姿勢で、目を見張ります。


■ さまざまなFGF(細胞成長因子)

FGF-10以外にも、発毛効果の証明に使用されたFGF(細胞成長因子)があります。
たとえば「FGF-7」は、アデノバイタルに含有されるアデノシンが増殖させる、と実証されています。

また「FGF-5」は、毛髪サイクルの「成長期」を終了させる(成長期から移行期へと導く)因子です。この因子の活性を抑制する(=成長期を継続させる)効果が、バラ科植物のワレモコウのエキスで実証されています。


しかし、FGF-7も、FGF-5も、ともに特定の成分を使用し実験しており、成分を抽出せず商品そのもので実験し効果を実証しているのは、今のところ、FGF-10を増殖させる「M-1育毛ミスト」だけです。


今後も、このようなすばらしい効果を持つ因子を有効に作用させることが、商品レベルで実証できる発毛剤・育毛剤を、ぜひ期待したいです。


■ 商品そのもので検査することの重要性

上にも述べましたが、このFGF-10が増殖することを、サラヴィオ化粧品「M-1」という商品そのもので検査しているで、ということがポイントす。


そもそも、発毛に有効な成分、というのは、非常にたくさんのものが発見されています。TVや雑誌などでも、そのニュースはたくさん見ます。専門用語もたくさん出てくると、一般消費者としては「すごい!」と思い込んでしまいます。


ですが、そのほとんどの効果は特定の「成分」を用いて実験されています。商品そのものでの実験ではありません。たしかにその成分には有効な効果があるのでしょう。しかし、実際に消費者が使用するのは、100%そのままの「成分」ではありません。ここが重要です!


たとえ有効成分が入っていても、その有効性を打ち消してしまうようなアルコールや添加物などがたくさん入っているとしたら・・・。商品になった時、有効性は保証されているのでしょうか?
発毛剤・育毛剤のほとんどには、アルコールや安定化剤、防腐剤などの化学薬品が含まれています。→各発毛剤・育毛剤のアルコールと添加物含有をチェック!


そして、これらの化学薬品が含まれると、毛髪を生み出す部分の毛乳頭細胞が死滅の方向へ向かいます。これではせっかく有効成分が含まれていても、商品としてはむしろ有害です。


その意味で、「成分ではなく商品」というスローガンを掲げて完全天然商品の開発に努めているサラヴィオ化粧品の、今回のこの実験結果は、自信を持って消費者にお知らせできる内容なんですよ!


M-1育毛ミストの詳細はこちら

 
最終更新日