発毛促進の出口はこちら
これでダメなら潔く生きていきましょう。世界で認められた発毛技術がウリ。

これでダメなら潔く生きていきましょう。世界で認められた発毛技術がウリ。

M-1育毛ミスト


豊さんのCMにやられちゃいますよね。一度は試したくなる安定の医薬品。

豊さんのCMにやられちゃいますよね。一度は試したくなる安定の医薬品。

リアップ


安価で試しやすい。けど効いている感の爽快感しか満足できませんでした。

安価で試しやすい。けど効いている感の爽快感しか満足できませんでした。

サクセス


特典のサプリに釣られちゃいました。けっこう長くつかったんですけどね。

特典のサプリに釣られちゃいました。けっこう長くつかったんですけどね。

ブブカ


 
トップページ > 発毛・育毛の豆知識 > 面白い!昔の人のハゲ対策

面白い!昔の人のハゲ対策

面白い!昔の人のハゲ対策

面白い!昔の人のハゲ対策

大河ドラマを見たり、歴史の本を読んだりしていて「ハゲの悩みなんてなかっただろうな…」
とふと思った。


なぜ、そう思ったのかというと、昔の武士は、頭の前から上にかけて髪を剃っていたので、
頭のてっぺんがハゲている、まあ、そういうと失礼に値するかもしれないが、月代(さかやき)を
剃った髪型が主流だったからだ。


月代(さかやき)とは、江戸時代以前の日本にみられた成人男性の髪型において、
前頭部から頭頂部にかけての、頭髪を剃りあげた部分を指す。


まあ、武士が、頭のてっぺんがハゲているような、月代(さかやき)を剃った髪型を
するようになったのは、常時、戦闘を念頭にして日常生活を送っていたので、
兜を被る機会が日常的に多かったからだ。


戦国武将

兜は、クッションを頭頂部に当てていたとはいえ、長時間被っていると、
鉄だし、熱がこもって頭が蒸れてくる。その蒸れを防ぐための対策として、
兜が当たる部分の髪を剃って、工夫したのが起源だと言われているそうだ。


蒸れは、頭皮にとってハゲの原因にもつながる。
だから、昔の人にとって、今のように発毛剤がない時代のハゲ対策としては
画期的な方法だったのかもしれない。


まあ、その当時にハゲ対策という言葉があった訳ではないが、
敢えて、私は昔の人の知恵を「ハゲ対策」と言いたい。
最初からハゲにしておけば、ハゲで悩む必要もない、という点でも私的にはスゴイと思う。


そのため、頭のてっぺんがハゲているような、月代(さかやき)を剃った髪型にしていたのは、
戦闘が多く、兜を被ることが多かった戦国時代の武士だとも言える。


しかし、内乱が少なかった江戸時代のように綺麗な月代でなかったそうだ。
そりゃあ、そうだろうな、昔の写真を参考にすると、頭のてっぺんがハゲているような、
月代(さかやき)を剃った髪型もかなりキレイに整えられている。
かなり時間がかかっていることだろう。


戦国武将

さて話は変わるが、江戸時代は、武士も町民も、月代は一種の正装またはファッションだったらしい。


なんと、今やハゲで悩んでいるいる人が多いのにも関わらず、
敢て、ハゲにすることが正しい身だしなみだったということなのだから不思議だ。
ほんと、ハゲの悩みなんてなかったのだろうな~と思わずにはいられない。逆にうらやましい。


しかし、実はああいう風に髪を剃ってしまうと、髪結いが難しくなるそうだ。
そりゃあそうだろうな、髪が短くなるうえに少なくもなるんだから。


戦国武将
img by エンタメウス

そこで、気になるのが、頭のてっぺんがハゲているような、月代(さかやき)を剃った髪型を
どうやってしていたか、だが....
散髪については、6世紀に中国を通して「はさみ」が日本に伝わったらしいが、
量産され始めたのも江戸時代からだそうだ。
昔は、今のように「大量生産」されておらず、大変「貴重品」だったらしい。
そこで、江戸時代頃までは、女性は、極端に言うと一生髪を切っていなかったそうだ。
お市の方の肖像画のように、髪をたらしていたということらしい。
男性の場合、月代(さかやき)を剃るのに、武士は「毛抜き」や「短刀」などで整えていた。
庶民はもっぱら「毛抜き」だったということだから、かなり痛そう・・・である。
我慢するしかなかったのだろうと思う。


今だったら拷問に近いな。髪の毛1本でも大切なハゲ歴25年のオヤジには恐怖でしかない。
そう考えるとハゲの悩みが多き現代だが、現代に生まれて良かったのかもしれないな。
理美容店がたくさんあるし、発毛剤・育毛剤・薬など、ヘアケア剤をお金はかかるが
簡単に手にすることができるからだ。


あっ、ちなみに、「かみそり」で月代を整えるようになったのは、一説によると、
織田信長が最初らしい。オシャレさん(笑)新しいもの好きな織田信長らしい。


戦国武将

ところで、話は変わるが、落ち武者の頭の真ん中がハゲて、まげもなく、ぼさぼさ髪を
たれ流したような髪になっての理由は、まげは兜をかぶる際に邪魔になるため、まげを解いて
ストレートヘアーにするらしい。しかし、戦に負け必死に逃げる時は兜が邪魔になる。
さらにかぶったままだと身分が高いとみなされ、追撃が厳しくなるので、兜をとるため、
頭の真ん中がハゲて、まげもなく、ぼさぼさ髪をたれ流したような髪型になるそうだ。


ホント、昔の人って戦っているシーンを見るとかっこいいが、戦で頭いっぱいだっただろうから、
ストレスもたまりそうだな。食生活の貧困差もかなりあっただろうしな~


ただ、以前テレビで言っていたんだが、海外には「肩こり」という言葉がないそうだ。
だから海外の人は「肩こり」に悩まされることがない。「肩こり」という言葉の意味を
はじめて知って、「そう言われたらそんな気がする」といった意見が多かったそうだ。


だから、「ハゲ」という言葉がなければ、知らなければ、本当は「ハゲ」だったとしても
ハゲという悩みすら感じないし、ストレスという言葉も当時はなかっただろうから、
髪やハゲに対する悩みって現代病ともいっても過言じゃない。
医療的専門家じゃないから憶測でしか言えんがな…。

では、いったい「ハゲ」という言葉はいつから生まれたのだろうか?

「ハゲ」という言葉

調べてみたところ、『はげる・ハゲる』という仮名から
「剥げる」という漢字が生まれ、「剥げる」には


(1)物の表面の皮膜や塗りつけた物が、取れて離れる。
<文例>「ペンキが剥げる」「白粉(おしろい)が剥げる」

(2)染め付けた色が薄くなる。色が褪(あ)せる。
<文例>「何度も洗濯して服の色が剥げてしまった」


と2つの意味がある。


やがて、(1)が名詞化した「剥げ」が、
「塗ったものがはげること。また、はげたあと。」
という意味で使われるようになったそうだ。 <文例>「ペンキの剥げが目立つ」


ここからやがて「剥げ」と同義語の「禿」という漢字が当てられ


(1)頭髪が抜け落ちた状態であること。また、抜け落ちた部分。
(2)山などに木が無いことのたとえ。


として使われるようになったそうだ。


そもそも、「禿」という言葉は、昔は「かむろ」と呼ばれ、おかっぱ髪、
ボブカットに相当する子供の髪型を意味していたそうだ。
また「髪のない頭」という意味もあったので、「ハゲ」とも読むようになったとされている。


ちなみに『禿頭(とくとう)』は僧侶・茶人等の職業的スキンヘッドを意味し、
現在の意味がいつから主流になったのかは定かではないらしい。

 
 
最終更新日