発毛促進の出口はこちら
これでダメなら潔く生きていきましょう。世界で認められた発毛技術がウリ。

これでダメなら潔く生きていきましょう。世界で認められた発毛技術がウリ。

M-1育毛ミスト


豊さんのCMにやられちゃいますよね。一度は試したくなる安定の医薬品。

豊さんのCMにやられちゃいますよね。一度は試したくなる安定の医薬品。

リアップ


安価で試しやすい。けど効いている感の爽快感しか満足できませんでした。

安価で試しやすい。けど効いている感の爽快感しか満足できませんでした。

サクセス


特典のサプリに釣られちゃいました。けっこう長くつかったんですけどね。

特典のサプリに釣られちゃいました。けっこう長くつかったんですけどね。

ブブカ


 
トップページ > 発毛・育毛の豆知識 > 男性型脱毛症(AGA)は病院にいくべきなの?

男性型脱毛症(AGA)は病院にいくべきなの?

男性型脱毛症(AGA)は病院にいくべきなの?

男性型脱毛症(AGA)は病院にいくべきなの?

男性型脱毛症(AGA)が気になりはじめた。そう思う人は多いだろう。

だが、ちょっと待ってくれ。自分だけで悩みこんではいないか?

それは、髪にとって非常に悪い。髪のコンプレックスは日に日に増し、精神的にも悪い影響を受ける。


自分なりのAGA対策を行っているけど、
その対策が正しいのかどうか分からないという人も多いだろう。

まずは薄毛対策専門の医療機関へ相談してみることをおすすめする。


M-1育毛ミストの公式サイトに行くと、病院に行く前に、
薄毛の悩みをお客様相談室にチャットで相談できるから便利だぞ!


俺は、結構、いろいろ行ったな。

皮膚科やら内科やら薄毛対策の専門機関やら、
医者に相談したりすると安心するし、ひとまずは心が落ち着く。

悩みこんでしまうといった精神的なストレスの解消にもなるしな。

薄毛対策専門の医療機関だと、頭皮や毛髪の状態をチェックし、
必要があれば医薬品での治療やサプリメントなどのAGA対策に関する
アドバイスを受けることができるから、自分にあったAGA対策を見つけやすくなる。


そもそも、男性型脱毛症とは、思春期以降の男性に生じる脱毛症とされている。
前頭部の髪の生え際が後退する、または頭頂部の髪のボリュームがなくなることによって、
地肌が見えやすくなる症状が最も典型的とされている。


遺伝もあるが、多くは男性ホルモンの影響が大きい。


そして、男性型脱毛症の主な原因物質は ジヒドロテストステロン(DHT)だ。

このDHTが、やっかいなことに、髪を生やすためのボス的の役割をもつ毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することで、ヘアサイクルを乱してしまうのだ。 ヘアサイクルが乱れると髪が痩せて細くなっていったり、髪が抜けてしまう脱毛症状が起こり、薄毛になっていくのだ。


男性型脱毛症の厄介なところは、進行型なため、何も手を施さずにいると、
前頭部、頭頂部の脱毛発症部位は必ず進行をしてく。


薄毛の原因がヘアサイクルの乱れであれば、生活習慣の見直しや食生活の見直し、
および発毛剤や育毛剤で直すこともできるかもしれないが、
脱毛症がひどくなってしまった場合は、病院で治す必要もある。


男性型脱毛症(AGA)あるいは薄毛が気になり出したらまず病院へ相談すると良いだろう。


 
 
最終更新日